エスパーZ カプ・テテフ

S1最終日に使ったもので、当時は「これつえーよ、記事に載せたろww」って思ってたけど、少なくとも5人程は採用している人が居り「まぁ誰でも分かるわな」って萎えたんで具体的なことはこっちで書きます


f:id:banatoniclove:20170118233931g:plain

カプ・テテフ@エスパーZ

145-×-100-182-135-157

サイコキネシス ムーンフォース 10万ボルト 挑発


(僕はCSで使ってましたが、パルシェンの氷柱確定で耐える上の配分のが良いと思います)


思考は簡単で"初手ガルーラ対面作ってZサイキネで飛ばせば3-2から始まって勝てるんじゃない?"というもの(陽気AS捨て身ガルーラは切ってます)

実際にガルーラ軸のPTが非常に多く、また僕のPTにはガルーラの先発率が非常に高かった


耐久振りで使ってる人が多かったけど、基本的にはガルーラ軸崩すマンなので臆病CSに振った方がガルーラを上から1パンできるのでアドが大きい(その代わりボーマンダやゲンガーには安定しない)

今回はvsガルーラ軸メイン、他構築に対しては+α程度で考えていたのでこのような配分にしました


数多く選出された初手ガルーラの2匹以外は突っ込んで来たし、残りの2匹もテッカグヤに引いてきた為10万ボルトで崩すことができた


技構成は最初は挑発→自然の怒りで考えていたが、どうせなら裏にいるパルシェンも併せて殺せた方が良いと考えて挑発を採用した

これは実際に刺さり、ほぼ3-1の状況から試合が始まる事もあった


技構成のラスト1枠は汎用打点のムーンフォースを採用した




カプ・テテフ自体数値の塊で数多くの型が開拓される筈なのでS2以降も要チェックです

各種Z、眼鏡、スカーフ、珠、襷、チョッキと見ただけでかなり多くの型さらには配分が居ましたが、どれもトップレベルに強いと感じます